FC2ブログ
ノドカナセカイ
右上の通販からどうぞ。
スポンサーサイト




夏コミが終わり次第ご用意いたします。

宜しくお願いいたします

今の所、イナズマ・イナゴ・タイバニ・神のみ・ぬら孫を予定しております。
グッズも再販できるようであれば何とか……

ラグナロクオンライン復活記念+イナイレでちょいところころと。
アルケミスト半田真一が生命倫理を経てホムンクルス【影野】を作ったあたり。
頭に乗っかってるのは仔サンタポリンで松野です。実際生きてます。跳ねてます。
松→影←半といいながら半影←松ってかんじでした。

とある錬金術師の生命倫理 とかいて とあるアルケミストのサルヴァツィオン と読みます。

R化してから4時間で商人>錬金術師になったわ。なにこの速さ。
ハンタなら2時間かからんねぇ。



以下からどうそ。
あ、言うまでも無いですが捏造色パネェですし、後半はROの自キャラのみですのでその辺、嫌いな人は本当にみないようにお願いいたします。





*とある錬金術師の生命倫理*


「そんな時に、ホムンクルス技術が役に立つのではないですか? 大事な人を死に至らぬようにするために」

 クセのある黒茶の髪の少年錬金術師の言葉に、ケルラソスははっとした。
 そう、よく見れば彼はまだ子供だったのだ。
 しかし髪と同じ色の瞳の奥には昏い悲しみが見て取れる。
 彼の肩に乗っている小さなサンタポリンが心配そうにキュっと鳴いた。
 一体どれほどの悲しみを体験すれば彼のような瞳になるのか、ケルラソスは自分とコリーンに置き換えて想像し、ぞっとした。
 
 結局、ケルラソスは彼の熱意-というほどポジティブなものではないのかも知れない-に負け、自らの知識を彼に与える事にした。
 彼が少しでも、その瞳に明るい光を取り戻してくれればいいという願いも込めて……。

「そういえば君の名前を聞いてはいなかったな。 名を教えてくれないか?」

 去り際、引き止める様にケルラソスは声を掛けた。
 錬金術師は少しだけ振り向き、静かな声で「半田真一です」と応えた。
 小さなサンタポリンは定位置である彼の頭の上にちょこんと移動し、頭装備のフリをすると、礼をするようにケルソラスを向いてぽいんと跳ねた。

 リヒタルゼンのレッケンベツ本部から出た真一は、そのまま自分の住むアパートへと帰宅した。



 首都プロンテラの居住区の一角に位置する一人用のアパート、ここは【この世界】に来た時に【ゲスト】を管理する一族の人が用意してくれた場所だった。
 取敢えずの【この世界】の基本知識を赤い髪の『人形』と呼ばれる少女に教えてもらい、ある程度の物資を支給され、山岳都市フェイヨンからこのアパートへとやってきた。
 一族の現当主で冬の太陽のような銀髪の青年は名刺代わりの銘入りナイフを寄越し、「なにか困った事があればアルデバランにある俺の商会まで、このナイフをもってこい。 多少の仕事と引き換えに聞いてやるよ」と言ってくれた。
 多少その仕事内容に不安を感じたけれど、実際は簡単な依頼が多かった。
 真一が今手にしている製造の書一揃いと引き換えに請けた仕事は、雪の街ルティエにあるおもちゃ工場倉庫でのお菓子集めと、ウンバラにあるユグドラシルの幹でのハーブ収集の代金で賄えた。

 真一は手の中にある、とある人から貰ったエンブリオを見つめ溜息をついた。
 深呼吸して自分自身を抱き締めて俯く。

「俺がこれからする事は命を弄ぶ事。 その責任は重いし、禁忌を犯したことによる罪も受け入れる」

 自分自身に言い聞かせるように、免罪符を作るように呟いた。
 だから……。
 だから……俺の傍に還って来い……。

 『彼』への想いを込め、真一は教わった禁忌のスキルを発動させた。

「コールホムンクルス!」

 通常の言葉ではない、冒険者でしか使えない『力ある言葉』と『練成』による魔法を構築し、叫ぶ。
 すると手にしたエンブリオが宙を舞いくるくると床に落ちると、エンブリオを中心に練成陣が光を伴って出現し、強い光を放った。

「……っ!」

 真一は一瞬目が眩んだものの光の中心にはっきりとした『何者か』の影を確認した。

「仁……?」

 ふわり、と光の中から右手が現れる。
 その腕を恐る恐る取り、自分の方へ引き寄せれば「あっ」と小さく呻いた。
 ぎゅっと抱き締めた体は真一の記憶にあるものと全く同じ。
 白に透ける藤色の髪も、左右異色の虹彩異常の瞳を隠すように伸ばされた前髪もそのまま……。
 ただ違うのは、『彼』は真一が製った仮初めの命である事と、『この世界』の括りの中でしか生きられないという事だ。

 もうそれでいい、と真一は涙を流しながら『彼』の名を何度も呟いた。

「仁……。仁……」

 自分を抱き締めて咽び泣く人を【影野】と名付けられた亜生命体は、彼がそうしているように恐る恐る抱き締め返した。
 途端に生まれたての自分にほわんと暖かな物が宿り、その嬉しさににこりと微笑んだ。

「初めまして、御主人様。 お名前を教えて下さいませんか?」

 そう呼びかけられて真一は涙を拭くと、自分の名を告げた。

「真一でいいよ。【影野】」
「……真一様、ですか?」
「様はいらないかな」
「では『真一さん』と。それで宜しいでしょうか?」

 呼ばれ慣れた名と声に、真一はまた涙を流して頷いた。
 ぽいん、と今まで傍にいた仔サンタポリンは飛び跳ねると【影野】の頭の上にちょこんと居座わった。

「この子は生きているMOBなのですね?」
「ああ、ルティエに行った時に凍えてる所を踏んづけちゃってさ。 お詫びに懐に入れて暖めてたらそのまま付いて来ちゃったんだよ。 だから頭装備のフリさせてる」
「そうでしたか。 これからもよろしくお願いいたします、マックス」

 【影野】の言葉にマックスはハートマークを出して返答した。
 
「さて、これからどうするかな……」

 と真一は【影野】に自分のマントを羽織らせながら、色々と考えた。
 先ずは報告と相談かな、とフェイヨンに住む歳の割には若すぎる老人を思い出した。
 
 【影野】は『仁』ではない。
 その事をよく念頭においてから、真一は【影野】の頬を撫でた……。



*******

「実際、真一君がやった事は人体練成になるのかい?」

 フェイヨンの外れにある古民家の縁側で、オヤツを食べながら真一の面倒を見てきた老人……、封魔九門は隣の白いハイプリーストの男性に問いかけた。
 男性は青と金の瞳に掛けられた四角いレンズだけの眼鏡を取ると、違いますよ、と言った。

「あれは自分が思い描いた姿形になるように細工しただけです。 私の所のセラクルカと一緒ですよ」
 
 お茶を飲みながらそういうハイプリーストに、後ろで給仕をしていた紅の髪と瞳のエルフの少女が問いかけた。

「セラちゃんて、卵から生まれたんですねぇ」
「ええ、作り直す時期になればデータのバックアップをとってますので、個体のデータは成長していくんですよ」

 作り直す、という単語に少女は眉をひそめた。

「あの、寿命は……?」
「真一君に渡したものは長いタイプですよ。 セラはデータを引き継がせる為に素体に細工をして、記憶領域を大幅にアップしているので短命ですが、データの更新が無い分素体の作りは頑丈で寿命もそれなりです。 大体50年くらいですかね。 それで『彼』の気が済んで慰められればいいのですけれど」

 とは言うが、さして興味も無い声色だった。

「エストはその辺、意地悪というかツンデレさんだよねぇ。素直に実験結果を知りたかった、でいいんじゃない?」

 九門はそう笑って少女を振り返った。

「私のデータはお役に立てまして?」
「正直ブラックボックス過ぎて少ししか応用できませんでしたよ。 貴方本当に劣化品なんですか?」
「使われなかった規格品外個体なのでそうかと。」

 くすり、と少女はエストと呼ばれたハイプリーストに微笑む。
 エストは湯飲み茶碗を置くと立ち上がった。

「そろそろ私はお暇いたしますよ。 病弱なくせに元気一杯の脱獄常習聖職者を診察しに行かなければいけませんので。」
「そうですか。 私はあまり教会へは行く事は出来ませんが、宜しくおつたえ下さいませ。」
「脱獄幇助のアサシンにも宜しくって。 今度また一緒にウチに遊びにおいでって」

 少女と九門の言葉を聞いてから、エストはワープポータルを開くとその中へ消えて行った。
 二人はそれを見届けてからオヤツを片すと、隣の部屋で眠っている小さな少年をみて溜息をついた。

「人を救えるかもしれない技術……か。 本当にそんなものがあれば……ね」

 少女はちょっとだけ残念そうに言いながら少年の頭をそっと撫でる。
 朝の太陽のような銀髪の少年は、撫でられた事にうにゃうにゃと言いながら寝返りをうった。

「それでも私はその技術を使う気はないよ。 お前もそうだろう? クールゥ」

 少女……クールゥは九門の言葉に頷いた。

「この子は今の状態ではその手術に耐えるだけの体力がありませんから。 大きくなって冒険者になれて、バイタリティ高めのステータスになれば話は別なんですけどね。 この子の場合、手術中のヒーリングですら負担になってしまいますし、輸血にしても型が合う血をもつ人は既に故人ですからね」

 クールゥの言葉に、九門は溜息をついた。

「うちの一族特有の型の中でも滅多に出ない型だし、血液中の魔力濃度が高いからねぇ」
「逆に一族にしか出ない型で、血液中の魔力濃度が低いのがジンなんですけどね」
「あいつINTひっくいからねぇ。 本当筋肉バカに育っちゃってどうしたらいいんだろう?」
 
 と、お互い同じ人物を思い出し、同じタイミングで溜息をついた……。



END


********

RO+イナズマでした。
クロスssが好きな私得でしかなかったのですが書いてて楽しかったです。


追記を閉じる▲

ina-053.jpg
ina-054.jpg
そしたら毎月課金するね!

http://www.ragnarokonline.jp/news/information/notice/item/13145
詳しくは↑なんですが、コレを見て一瞬「3垢分の倉庫整理ができる!」と思った私は正常でしょうか( ̄▽ ̄;|||
倉庫600になって嬉しいんですよ。
今男垢しか動かしてないのでコレを機に豆子装備も全部男垢に移動させちゃおうかとか思ってます。
プリ装備とかうちの殴りTUにいるのかどうか全く解りませんが、一応ウィズダムくらいは使える……かな?
まぁ商業の仕事が全部終わったら遊べるんでしょうけどね。
うふふあはは。・゚・(ノ∀`)・゚・。
でもコインが2000枚ほど余ってるんですよ。
どの道1ヶ月課金はできそうです。


あ、RO始めてみたいという人は新規7DAYチケがモバイルのほうからもらえるようなのでゲットですよ(。・ω・)ノ
はじめてさんの場合、多少の支援はしますのでやってみたい方はお気軽にお声かけてください。
その場合、スカイプでマイクの用意があると楽です。なくてもタイピングします。うふふ。
変則職のハレルヤとアレルヤがお育て致します。ニヤリ…( ̄ー ̄)+
基本はFキーとマウスクリックだけなんで、ラク。メルフォから連絡頂ければ返信いたしますw

遊んでる記事しか書いてないキガスルがまぁいいや。
長くなったのでとじとじ




■仕事中ながしっぱにしてたアニメ一覧
・とらドラ
・とある魔術の禁書目録
・ラーゼフォン
・うみものがたり
・化物語
・プリンセスラバー!
・ヘルシング
・戦闘妖精雪風
・大正野球娘
・仮面ライダーW
・シンケンジャー
・牙狼
・ネオゲッター
気がついたらHDDがイッパイになってたんで全クリア。そういやDASH村とビフォーアフターとってたわー。

■やったげーむ
・アイマスDS>涼のみクリア。もう私の使命はおわtt


・トモコレ
新住人に「ちびリジェネ」と「左翔太郎(ハーフボイルド)」「フィリップ(ほしのほんだな)」追加。フィリップは苗字がなかったので「フィリップ・インデックス」にした。わかる人だけ笑ってください。あと、まさかの麦乳カプ成立。亜乳がもやもやしてるんでハナシを聞いたら「むぎがすきなんです」……はぁ(;´Д`)。まぁいいや、と告白を手伝ったらCP成立。にんてんは何処までお見通しなのか……orz あと、はれるやとリヴァイヴがCPに。はれるやと付き合ってたスメラギさんは2度目の失恋。ビリーつくるかなぁ。お悩み解決700回になりました。寝しなに毎日やってるだけでちがうんだなぁ。


・モノやお金の仕組み
結構面白い。クイズ形式になっていてとっつき易くはある。問題回答のあとにはちゃんと説明もしてくれるので為になる。ガイドさんがかわいい。シンプルなつくりの分、小難しい印象は受けないのでちょっとした暇潰しにいいですよ。


・サンシャイン牧場
みくしのアプリ。順調に畑耕してます。たのしー。

なんかこう見ると、寝しなにしかゲームしてないなぁ。しかもDSメイン。落ちる寸前にセーブして寝るのがいつものスタイルw


さてごはんたべて薬飲んでしごとしよっと。微熱12日目。うはははははははっははははっは。休日あけたら病院いってやる。・゚・(ノ∀`)・゚・。


追記を閉じる▲

ALT02のコピー
9/9はクック先生の日だったなぁ。とか?

ハレティエきたーヽ(≧▽≦)ノ
某様はアレティエでしたがウチはハレティエでした。

「私のことがスキってミエミエですよ、しょうがないから付き合いましょうか。」
「はっ、しょうがねぇのは俺の方だっての!(こちらこそよろしくお願いします)」

そんな脳内変換。超ツンデレカップルのできあがり~♪
もうアレティエはちびどもに託すしかないっ。
そして相変わらずにるとこ~ろちゃんが年中らぶらぶです。おまえら、アキはこないのかね( ̄▽ ̄;|||



でもってMixiのサンシャイン畑ですがうっかりすると畑がむいむいで絨毯爆撃受けております。
ええい!一分のむいむいにも五寸の魂じゃぁ!(台詞変更できます)てことで駆除駆除。
やはり一番の被害畑はゆえふぁかひじりんかつくねんだとおもう今日この頃。

はー、仕事休憩の合間にいいものみたー。

友人がやってたのでついはじめてしまったトモコレですが。ついに住人が33人になりました。
25人くらいの時点でもうこれ以上は対応しきれないのでやめた方がいいと思ってたんですが、お悩み解決だけに特化すればいけるかなぁ、と。
んで増えたのがハレルヤ(大)とアルフレッドと菊とシンケンジャー5人。(源太はまだ……)
アルフと菊はイメージ通りの髪型がなかったんであとで消そう……orz
代わりにに士とゆーすけ入れようかと思います。
まぁ、かすがとリヴァイヴが恋人だったり、アレルヤとリジェネが夫婦だったり、デヴァインが恋人ノソーマがいるのにファジー(オリキャラ)との交際をOKしてしまった為にそまたんが落ち込んでみたり、ニールとなぜか紅露が年中らぶらぶだったり、スメラギさんとはれるや(小)が電撃交際だったりで中々楽しいです。
殿様と流さんが上手くできたかな。ことはは髪型なかったんでローツインテに。ちゃんと5人全員に変身ヒーローの服をそれぞれの色を着せてます。
今全部屋ログハウス風にして山中のリゾートホテル風味にしております。たまに全部屋改装するんですがインテリアにしてマンション風とか田舎風とかやってます。楽しいw
寝しなにちょこっとやって、眠くなったら切ると繰り返してたら末端住民まで手が回らず「1週間ぶりですか?まめこのそっくりさん」とか言われてしまった。・゚・(ノД`)・゚・。かなしい。
ともこれ、面白いですよ。専用コーナー作りたいけど今のままじゃむりだなぁ。ついうっかりラブプラスもはじめちゃったしで、どの娘を彼女にしようか本気で悩んでいるちょわこでした。←
もうすぐアイマスディアリースターズが出るっていうのに!限定ボックス買うよ!涼と舞さんの為に!



やってたお陰でJOB47転職いたしました(速度減少きりました)
その後でTU10にしてアヌってきたんですが、一度に2体とかこなきゃ何とかなるかなぁ?
AGI80の前にINTを40にしてヒール量底上げしないとならなそうですが。
へっ、どうせ殴りTUプリなんか臨時で需要のjもないもんね!ヽ(`Д´)ノ
そもそも2次職くんじゃね、(゚Д゚)、ぺ!ですようちの鯖。ははは。

そろそろ課金キレるんでまたしばらく放置です。